七五三のお参りい伊勢神宮

七五三のお参りい伊勢神宮

息子は今年で、5歳の七五三です。七五三のお参りは自宅のある、氏神様のところへ行きました。

 

ことしは記念すべきとしなので、出雲大社にも行きたいと思ってるのですが、まずは、伊勢神宮でお参りに行くことにしたんです。下宮から歩かせて内宮、そして、帰りの伊勢駅まで歩かせ続けました。自分の足で歩いてお参りをする意味は子供なので分からないかもしれませんが、いつか、大人になって思い返していい思い出になって欲しいなとおもいました。そして、お参りに行くことの意味を伝えたかったんです。

 

息子もあの厳かな木々のなかを一生懸命歩いてくれて、やはり人はとても多かったのですが、お参りにこれだけの人がくる伊勢神宮パワー家族で感じましたよ。日本人として、お参りに行くことの意味や、その行いの意味はまだ、五歳では分かりませんよね。ただ、家族でお参りに行くことが、息子がして行く経験の中の一つとして残ることが一番の願いなので、行って良かったと心から感じています。