伊勢神宮観光体験エピソード

2013年伊勢神宮観光体験エピソード

2013年に伊勢神宮は20年に1回の式年遷宮を迎え、新たに建てた正殿にご神体を移しました。

 

2013年は記念すべき年であり、伊勢神宮以外に出雲大社も60年に1回の式年遷宮を迎え、1年で日本の有名な神社が二つも揃って式年遷宮を行うと言う事で、諸外国から多くの観光客が訪れ、日本でも頻繁に観光ツアーが組まれています。

 

私は、伊勢神宮、出雲大社両方とも参拝旅行に行ってきたのですが、人の多さは伊勢も出雲もあまりかわりがなく、平日で雨だと言うのに、多くの観光客が参拝していました。伊勢神宮はすぐ近くにおかげ横丁があり、赤福や名物の伊勢うどんを食べる事が出来ます。

 

出来立ての練り物や、手作りみたらし団子、昭和の雰囲気が残る洋食屋など食べ物中心ではありますが、おかげ座など見たり聞いたりする店もありますので、色々と楽しめます。伊勢・伊勢神宮に行くのは初めてだったのですが、観光マップや皇大神宮までの最短到達マップもありますので、1時間もあれば大抵のところは見てまわれますので、あまり焦らず、じっくりと伊勢と伊勢神宮の独特の雰囲気を感じ、参拝してください。